English

お知らせ

1.272020

今だから行ってみたい 北極! 秘かなブーム?

現在注目されているグリーンランドは、世界最大の島であり、島全体の85%が氷に覆われている。

ここにビジネスを求めて、資源開発の波が押し寄せている。温暖化が進み地下資源の掘削が容易になり活動しやすくなった為だそうだ。人口5万6千人。日本の面積の5.7 倍。イヌイットが暮らす町。確かに訪れてみると夏真っ盛りとはいえ、過ごしやすいさわやかな日が続き、太陽の日差しも強い。観光客も世界中から船で訪れ、ハイキングを楽しむ。

今だからこそ氷河の上を散策したり、民家を訪ねたり、郷土料理のあざらしやジャコウウシの生肉を食したり楽しみ方は色々。あと数十年したら氷河も氷山も消えているかもしれない?? ビジネスマンばかりの町に変貌しているかも??

こんなコースがお薦めです。

欧州人にとってのとっておきの口コミ観光地として知られているのが、スバールバル諸島のスピッツベルゲン。

北極圏に位置しているノルウェーの群島。人口 約2,700人

かつては、炭鉱の島であったが、現在では、各国の極地研究所が集まっており、観光地としても知られている。

3,000頭のシロクマの生息地としても有名で、自然保護区には、80種類の鳥類や野生動物などが棲んでいる。

そんな自然を求めて、ハイカーが短い夏を楽しんでいる。船で周遊しながら上陸し、ハイキングするのが一般的。

こんなコースがお薦めです。

過去の記事

  1. 3.172020

    営業時間変更とテレワーク導入のお知らせ

    株式会社トライウエルインターナショナル(Polarcruise.jp)は、営業時間の変更とテレワーク...

  2. 2.222020

    地球の歩き方 初の南極旅行本に合わせて 再WEBスペシャル対談

    「プロが語る南極ツアーの魅力とは?」・・・再改訂版で再登場取材・撮影 カメラマンの武居さんと...

  3. 2.212020

    緊急速報! ラストミニッツ割引 2月29日発 16日間 50万台で行ける南極クルーズ

    フォークランド諸島、サウスジョージア&南極半島 15泊16日間クルーズクルーズ期間:2020...

ページ上部へ戻る