English

お知らせ

7.142017

南極半島にある広大な棚氷が分離!

南極半島

CNNニュースによると2017年7月10日~7月12日に南極のラーセンC棚氷(約5,800㎢)が離れたことが確認できたとのこと。今回の分離でラーセンCの面積の約12%がなくなり縮んだことになる。海水面の上昇には、まだつながっていないようだが、今後も監視が必要だという。南極半島は、初めて観光で訪れても思ったより暖かであることがわかる。地球温暖化が影響?少なからず感じる場所でもある。実際に訪問してみて体験してきて欲しい。

過去の記事

  1. 1.52022

    2021年度 南極アイスマラソン参加者からのアンケート

    昨年は中止となっていましたが、今年は、再開。感染者もなく、無事に催行し南極大陸より戻ってきました。

  2. 1.12022

    謹賀新年

    お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます昨年に引き続き、新型コロナウイルスはあらたに...

  3. 12.262021

    2021年度南極アイスマラソン無事に終了!

    2020年は、初めて開催以来の中止となりましたが、今シーズンは、新型コロナウイルスの感染者なく全員南...

ページ上部へ戻る